上京生活

マッチングアプリで1,000いいねもらってわかった1つの事

この記事では、私がマッチングアプリを使ってみて気付いた「たくさんの人からいいねをもらうコツ」をまとめ、マッチングアプリを2ヶ月使ってわかったことを記事にしました。

マッチングアプリでうまくいかない人や恋愛で悩んでいる人の助けになれば、大変嬉しいです。

私が出会い系・マッチングアプリを始めたきっかけ

そもそも私がマッチングアプリを始めたのは、両家顔合わせも終わり入籍直前で彼女に婚約破棄されたのがキッカケです(笑)。高校からの付き合いで大好きな彼女だったので、とにかくショックでした。当時はまさに人生のどん底だったと思います。

ただそこから友達と飲み行ったり、外に出ることで「他にも素敵な女性はいる!」と思うようになれました。誰かと話すことで現実逃避することができたんです。最初は気を紛らわそうと思い始めたということです。マッチングアプリは、この点において当時の自分のメンタルを助けとなりました。

 

おすすめのマッチングアプリと使用したアプリ

使用していたマッチングアプリは、「Pairs」「恋結び」「With」の3つです。「Pairs」「恋結び」は、最初の1ヶ月で退会し、「With」だけは2ヶ月使い続けました。複数登録することで知り合える女性の絶対数は増えますが、複数登録することでお金もかかりますし。また、女性も複数登録していることが多いので個人的には登録するのは1つでいいのかと思っています。

マッチングアプリでたくさんのいいねをもらうためには

「with」では結果的に2ヶ月弱で1,000いいねをもらい、都内で3位になりました。どうやら女性はいいねの数順に男性の写真を並び替えられるらしく、自分が上位にいることはマッチングした女性に教えてもらいました。

因みに他のアプリでは200いいねとかでした。私の容姿が特段優れているわけは思っていませんし、モテる自慢をしたいという気持ちも微塵もございません。容姿はいわゆる中の下ですし、年収が高いわけでもなく基本的にはコンプレックスの塊のような人間です

Tinderも使って見ましたが全くマッチングしなかったので、容姿が端麗ではないことが証明され心が折れました(笑)

そんな私が今振り返ってみて、なぜたくさんいいねを貰えたのか。書き記しるしたいと思います。参考になれば幸いです。

マッチングアプリ選びが重要

マッチングアプリはどれも一緒だと思っていましたが、そうではありません。使う前までは女性の登録者が多い方が、いいねをもらえる確率も多いだろうと思ってました。

一番多いのは、エウレカ社が運営する「ペアーズ」です。登録者数は、1,000万人を超えております。(2019年2月現在)
国内最大級の恋愛・婚活マッチングサービス『Pairs』2019年度事業方針説明会レポート

しかしながら、いいねはあまりもらえず他のアプリにも登録し始めました。そこで1つのことに気づいたのです。当たり前ですが、いいねを送ればいいねを返してくれる可能性が高まります。そもそもいいねももらうことも大事ですが、自分の好みの人にたくさんいいねができるアプリが大事です。

そこで「1いいね」あたりの料金を計算してみました。

■ペアーズの料金

月額料金(1ヶ月契約) 付与されるいいね数 1いいねあたりの金額
3,480円 30 116円

ペアーズは登録者数も多いですが、1いいねあたり100円を超えます。今すでにペアーズを使っている人は、その1タップに116円かかることを意識しながら慎重にいいねを押した方がいいと思います(笑)

Pairsの公式ページはこちら

 

■恋結びの料金

月額料金(1ヶ月契約) 付与されるいいね数 1いいねあたりの金額
3,480円 80 43.5円

恋結びは、リクルートが運営するマッチンサービスですね。リクルートが運営するから安心という人も多いようです。1いいねも43円と非常に安いので恋結びも割とおすすめです。

恋結びの公式ページはこちら

 

■Withの料金

月額料金(1ヶ月契約) 付与されるいいね数 1いいねあたりの金額
3,400円 60 56.6円

Withは無料登録の時点で30いいねが付与されており、さらに有料登録すると60いいねもらえます。加えてWithは、定期的に1日10いいね無料のイベントが開催されます。そのためいいねを使いきって、いいねができない!ってことはありませんでした。

もちろん、ペアーズも登録者が多いのでいいねが貰えやすかったり、可愛い子も多いかもしれません。自分の容姿に自身がある人はペアーズでも好みの人からいいねをもらえる可能性も高いと思います。私はたくさんいいねが送れるWithを使っていたから自分から好意を伝えることでいいねをもらいたくさんの人とマッチングできたと思います。

Withの公ページはこちら

ログインをしてたくさんの人に見てもらう

アプリを頻繁に開くことでログイン状態になります。ログイン状態になっていると上位表示されやすくなり、たくさんの人の目に触れることになります。何にせよ見てもらえないことにはいかに写真がかっこよくてもプロフィールが面白くてもいいねはもらえません。

 

メインのプロフィール写真でクリックしてもらう

メインの写真が何よりも重要だと思っています。写真で興味を持ってクリックされないと、プロフィールすら読んでもらえないからです。

ではどんな写真がいいのか。写真は、顔がしっかりわかるものを選ぶのがとても大事!自分が女性にいいねする時も同じだと思います。顔がわかりづらいと不安になる人が多いと思います。私も容姿に自身がないのですが、できるだけ映りがいいものや、笑顔の写真をあげて爽やかさをアピールしました。

写真は上限まで掲載しました。情報量が多く与えることで共通点があること伝えるのが重要だからです。例えば海外旅行の写真があると、海外旅行が好きな人から趣味が合うかもという印象を与えられます。これは個人的に感じたことなのですが、付き合った時の事をイメージできるのは重要で共通の趣味は1つでもあると印象とくなると思います。

 

自己紹介文でヒットを打つ

メイン写真に興味をもってもらい、クリックされてやっとプロフィールを読んでもらいます。プロフィールは自分の魅力をフリーテキストで伝えられるので差別化を図る最大の武器です。

アプリをすでに使っている人はわかると思いますが、相手はたくさんの人のプロフィールを見ています。他人と同じような事を書いていても相手に興味をもってもらえません。ありがたいことに女性の方が容姿より中身を見てくれる傾向があります。プロフィールでは、自分がいかに魅力的なのかできるだけ伝えてください。

ではどんな内容が魅力的と言えるのか。上述の通り、共通点が1つでも引っかるように趣味や自分がどんな人間か具体的に記載してください。

よく女性からマッチングした後に「プロフィールに〇〇と書いてあって気になっていいねしました。私も〇〇で・・・」というメッセージをたくさんいただきました。この事からいかにプロフィールで共通点に気づいてもらうかが大事なのか学びました。

また私がいいねをもらうために意識したことは、できるだけ面白いと思ってもらうことです。どれがウケるかわかりませんので、1週間ごとにプロフィールを変えてどのプロフィールが反応がいいかABテストを行い続けたりもしました。

 

まとめ:いいねをもらうコツ

ここでいいねをもらうためのコツをまとめたいと思います。

上記の図は、いいねをもらうまでの流れをまとめたものです。いいねをもらうまでは、大きく2つの段階があります。

①できるだけたくさんの人に見てもらう。

・ログイン回数を増やし、上位表示させることでたくさんの人の目に触れる。
・メイン写真の設定ですね。

例えば、メインの写真を動物にしていたら、いくらたくさんの女性の目に触れたとしてもスクロールしてクリックされません。そのためにも上述のコツをしっかり押さえる必要があります。①で躓いていてはいいねはもらえません。たくさんの人にクリックしてもらうように第一関門も突破しましょう。

 

②たくさんの人にプロフィールをみてもらう。

・共通点を見つけてもらう
・面白いプロフィールをこころがける

実際にプロフィールを見てもらうことができたら、あとは相手に気に入ってもらうために打率をあげるだけです。そのためには上述の通りできるだけ自分の趣味などを伝えて共通点をみつけてもらいましょう。

イケメンであれば簡素なプロフィールでもいいねをもらえるかもしれません。残念ながら28年間ブスやっている私は、家事ができるとか、面白いとか様々なアピールをしないといけません。フリーテキストで自分と会うことのメリットを最大限アピールしましょう。

 

マッチングアプリをやめた理由

以上が私がマッチングアプリをしていて、いいねをもらうためにやっていたことです。結果的には1,000いいねをもらい、都内で3番になることができました。

その中で気になったかたと30人位とメッセージをやり取りたり、何人かとご飯に行ったりしました。そんなことを繰り返しているうちに、ふとなんのためにアプリやってなんだっけ?と振り返ることがありました。

いいねをもらうことは中間目標ではありますが、最終目的ではありません。

もちろん自分がいいなと思った人に気に入ってもらって、将来を見据える人お付き合いできることだと思います。

アプリでたくさんの女性をスマホでひたすら眺めいてふと思いました。私はいつの間にか選ぶ側の立場になって、上から目線になって傲慢になっている自分に築きました。

あれ、自分は女性を選ぶ立場にいたんだっけ?

もちろん、相手は選ぶべきです。結婚相手が誰だっていいという人はいません。

ただ「この人可愛いないなぁ、タイプじゃないなぁ」って左にスワイプしているうちに、自分はどうなんだっけ?って思うようになりました。

彼女ができないのは出会いがないからって勝手思っていました。しかし実際に素敵な人だなと思える人と出会えたとしも、相手に気に入ってもらうことはありませんでした。その時思ったのがそもそも自分の理想の人付き合えるほど、自分はイケていないなと。

そう思い始めたらすぐにアプリを解約して、アンインストールしてました。

自分に何が足りていないのか明確にはわかりませんが、自分で直したいなという部分やコンプレックスはたくさんあります。まずは、自分のコンプレックスを減らして少しでも自分に自信をつけることから始めようと思うようになりました。

それからジムに通い始め、ヒゲ脱毛を行い自分磨きにエネルギーを使うようになりました。今は筋トレで4ヶ月が経ち、食生活も変えました。コンプレックスだった細い体も徐々に筋肉がついてきて、まだまだですが少し自信がついてきました。

マッチングアプリを使って気づいた1つのこと

好みの人に出会うのも難しい。好みの人に好きになってもらうのも難しい。付き合うというのはこ2つの掛け算。そう考えると付き合うってそもそも奇跡に近いことなんじゃないかなと思うようになりました。

そもそも付き合うってそんなに簡単な事じゃないぞと。

なので、今は彼氏・彼女がいないってことに悲観的にならずにゆっくりと自分の最高のパートナーを見つけていけばいいんじゃないかと思うようになりました。

そんな付き合うという奇跡ががたくさんの人に起きればと思い、今回このマッチングアプリのコツを自分なりにまとめてみました。

もちろん上記が全てではありませんが、参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。