上京生活

仙台から東京までの引っ越し時の費用は?レンタカーでお引越し

2018年に仙台から東京に引越したのですが、
何を考えたのか、3月の引っ越しの繁忙期に引っ越しました。
引っ越し業者にお願いしても、通常の倍の金額します。

とはいえ、新生活のために家電を買い揃えないといけない・・・
と言うことで、仙台からレンタカーを借りて自分で引っ越しすることにしました!
この記事では、仙台から引っ越すまでの段取りと費用感をまとめてみました。

引っ越すまでの準備

引っ越し当日スムーズに迎えるためにもしっかりと、準備が必要です。
当日の準備が1番重要になってくるのでしっかり行いましょう。

ダンボールを用意する

荷物を詰めるのにダンボールは必須ですよね。
ダンボールは購入することもできますが、
スーパーなどで無料で貰えるのでたくさんもらっておきましょう。

そのまま運べるものも、できるだけダンボールに詰める事をオススメします。
運ぶ時に落としたり、車に積むときにデッドスペースができてしまいます。
思っている以上にダンボールを使うので多めに用意することをオススメします。
私は40個位使いました。

 

不要なものは処分・アプリで売って節約

引っ越しを機会に必要ないものは処分しましょう。
運ぶのも大変ですし、車に全て入らない可能性もあります!
新居で買い換える物、長年使っていないもの全て売ってしまいましょう。

配送できるものは「メルカリ」や「フリル
大きいものは、「ジモティー」に出品する事をオススメします。
私は、本やカメラを売って30,000円分位の利益がでました。

あまりオススメしないのが、ブックオフなど中古屋さんです。
メルカリなどと比べて現金化しやすいですが、全くお金になりません。
中古屋で売るのは、引っ越すまでに時間がなかったり、
どうせ捨てるならと言うものだけにしましょう!

水道・ガス・電気を解約

まずは、引っ越す日を解約日として、ガス・電気・水道を止めます。

5日前までに連絡しておけば、大丈夫です。

私は心配なので電話でしましたがインターネットでもできるみたい

解約の電話をする時は、手元に料金表などを準備しましょう!

引越し先の水道・ガス・電気を契約

各手続きを終えたらそのまま、引っ越し先の公共料金の契約をしてしまいましょう。

引っ越し先の住所が必要なので、確認できるものを用意しておくとスムーズです。

また、ガスは立会いが必要です。当日立ち会えないとその日はお風呂に入れません。
引っ越し先に到着する時間を伝えておきましょう。

私は10時に出発する予定だったので、4時位にお願いしておきました。

レンタカーを予約する

レンタカーの予約は、荷物の量でどれを借りるか決めます。

私達は、1Kに2人で住んでおり荷物も少なめでした。
もともと冷蔵庫や洗濯機もレンタルしていたものだったので、
大きな家電の搬入もありません。のため、借りたのはトヨタのハイエース。

一人暮らしをしていた学生の時は、
引っ越し先も近くだったので軽トラで2往復で行けました。

しかし、今回の引越しで使用したハイエースもギリ後ろ見えない程度だったので、
2人暮らしの引っ越しの場合かなり荷物を抑えるか、
ハイエース以上の大きい車を借りましょう。

 

引っ越し当日について

当日が1番大変。早起きして引っ越しの準備を始めます!

レンタカーを借りに行く

まずは、レンタカーを借りにいきます。
部屋の引き渡しがあるので、朝早く借りに行き荷物を搬入する必要があります。
トヨタレンタカーは朝8時からでも営業していたので、朝早くから出発できました。

トヨタレンタカー 八乙女
仙台市泉区八乙女中央1-2-1仙台トヨペット内
平日   08:00 – 20:00
土日祝  08:00 – 20:00

レンタカーに荷物を搬入

ここからは時間との勝負。
役割分担で、嫁は部屋の片付けをし、私はひたすら階段を往復して荷物を搬入します。
部屋の明け渡しの時間がギリギリだったので、黙々と運びます

 

部屋の明け渡し立会い

案の定間に合わず、15分位待たせてしまいましたが無事引き渡し完了です。
後日、部屋のクリーニング代を引いた敷金が大家さんより振り込まれます。

部屋のものは無くしておかないと撤去処分に費用が発生する可能性もあります。
以前天井に電球をつけたままにしていた際に、
明け渡し当日に外してくださいと言われたことがありました。

東京まで車での道のり

荷物を搬入したらいざ東京へ。
慣れてないデカイ車に最初は戸惑いますが、何とか無事故でたどり着けました。
泉インターは東京行きの入り口がありません。
乗るなら仙台東インターを使用しましょう。
グーグルマップだと泉インターに案内されてしまいます。
途中いくつか、サービスエリアがあります。
残念ながら東北自動車道のサービスエリアは海老名みたいな大きいサービスエリアは
ないのですが、上河内SAか、那須高原SAは東京との中間距離でもあるのでオススメです。

不動産屋に鍵をもらう。

高速を降りたらまずは、部屋を紹介してもらったエイブルに向かいます。
一筆書いて鍵をもらうだけなので5分で終わります。

ちなみに、今後この不動産屋と会うことはなく、
家賃の滞納出連絡があったり、住んで見て不備があれば連絡します。

 

部屋に荷物搬入

不動産屋さんから鍵をもらったら、新居に向かいます。
5時間弱の運転の後は荷物の搬入です。
腕がパンパンでしたが、新居にどんどん荷物が増えていくと、引っ越しの実感が湧きます♪

荷物の搬入は私が担当し、嫁は私が運んだダンボールをバラしてくれていました。

レンタカーの返却

レンタカーの返却は、最寄りのトヨタレンタカーに返却しました。
いわゆる乗り捨てです。

乗り捨ての場合、別途費用が発生します。
借りたところから遠ければ遠い程費用が高くなるようです。
私の場合は、車のレンタル料金が約12,000円、乗り捨て料金が約19,000円でした。

まとめ:引っ越しまでにかかった距離と費用

レンタカー代 ¥33,480(乗り捨て費用¥19,440を含む) ※保証付き
高速代 ¥7,900
ガソリン代 ¥5,000 くらい
走行時間 4時間40分

自分で引っ越しをすることで、引っ越し費用は50,000円以内に抑えることができました。
この時期に業者にお願いすると20万弱はかかかるのでだいぶ節約になった。

実際にやってみると、とても大変でしたがこれで10万円以上も節約できたと思うと、
自分でやって正解だったなと感じました。

大きな家電の荷物がないのであれば、自分でお引越しすることをオススメします!